クルーズコントロールシステム(有効化)

クルーズコントロールシステムは一定速度で走ることができる機能です。

クルーズコントロールを利用することでアクセルへの意識を減らすことができて疲労軽減に効果的です。

 

エンジンをかけておきます。

クルーズコントロールを有効にするには上図①のようにステアリング左下のレバーを手前に押し込みONにします。レバーの位置が変わるとクルーズコントロール機能が使う準備が整います。

なお、こちらのレバーの位置は普段からONの位置にして特に問題はありません。ONにしただけでは実際に一定の速度で走ることはありません。

準備ができたら広めの高速道路や幹線道路で希望する速度までアクセルを踏み速度を調整しましょう。20km以上の状態で図のⒶのボタンを押すと押したタイミングの速度が記憶されてその速度を維持しようとします。

キャンセルしたい場合は、以下のどちらかの手順を行います。

  1. ブレーキを踏む
  2. ⒶのSETボタンを押す

ブレーキを踏むと当然ブレーキランプが転倒してしまうので、高速道路などで前の車が近づいてきたなーというときは、2のSETボタンを押すのがよいでしょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です