ドアミラー(サイドミラー)の調整

ドアミラーの位置調整は、運転席ドアのつまみから行えます。

つまみを1~5のどれかに回すことで様々な機能を利用可能です。

1・・・すべての機能が解除されている状態です。

2・・・つまみを2の個所に回して上下左右に動かすことで左のドアミラーの角度調整が可能です。

なお、バック時に縁石にぶつからないように自動的に左ミラーが下向きとなる設定が可能です。そのため通常は、つまみはこの位置にしておくのがよいでしょう。

3・・・つまみを3の個所に回して上下左右に動かすことで→のドアミラーの角度調整が可能です。

4・・・ドアミラーが折り畳むことが可能です。なお、次の手順でキーロック時に自動折り畳みが可能です。MENU→車両→左コントロールボタン→車両設定→センターロッキング→ミラー格納 をオンにする。

 

ステアリング(ハンドル)の位置調整

ステアリングの位置調整が可能です。

図の赤いレバーがロックの役割をしているのでこちらを下に強く押し下げると位置調整ができるようになります。以下の4種類の調整が可能で鵜s。

ステアリングを手前に引っ張る
ステアリングを前に押す
ステアリングを上に移動させる
ステアリングを下に移動させる

調整が完了したらレバーを必ずもとに戻しましょう。

シートの調整方法(パワーシート)

シートの調整は、運転席右側のボタンで行います。

Bが背もたれ、Aが座椅子の形をそれぞれ表していて、比較的直感的に設定できると思います。

A 座椅子の設定を行います

前方(図の右側)にスライド・・・座椅子が前にスライドします
後方(図の左側)にスライド・・・座椅子が後ろにスライドします
中心を下に押し込む・・・座椅子が下に下がります。
中心を上にひっぱりあげる・・・座椅子が上部に上がります。
右側を下げる(時計回りに回すイメージ)・・・座椅子の前側が下がります。
右側を上げる・・・座椅子の前側が上がります。
左側を下げる・・・座椅子の後側が下がります。
左側を上げる・・・座椅子の後側が下がります。

B 背もたれの角度
時計回りに回す・・・背もたれが上がってきます
反時計回りに回す・・・背もたれが下がります

C レッグサポート
座椅子の長さの調整が可能です。ちょうどCのあたりを持ち上げて前方にスライドさせることが可能です。

① ランバーサポート
背もたれのちょうど腰の背骨の部分の支えを調整できます。
上下左右の4方向にサポートが動きます。